オンラインカジノの税金について

オンラインカジノのリアルマネープレイを楽しんだら、税金の確定申告について考えていきます。

ゲームで儲けた利益にかかる税金の計算方法や注意点を確認することで、確定申告から漏れることの無いようにしましょう。

オンラインカジノに税金はかかるの?

syosinsya-abotr

オンラインカジノのリアルマネープレイで儲けたお金は、所得税のうち一時所得に分類されます。

これは競馬や懸賞金で儲けた際にかかる税金と同じ種類で、給与所得とは別に確定申告を行う必要があります。

一時所得とは

一時所得とは、所得税法に定められている所得税の区分の1つです。

雑所得以外の他の区分に該当しない所得のうち、労務や資産の譲渡の対価と性質を有しないものに当たります。

オンラインカジノで儲けた利益の他には、競馬や懸賞が一時所得に区分されます。

オンラインカジノでの一時所得を計算方法を確認!

給与所得に関する所得税の計算は、会社側で行うため気にする必要はあまりありません。

しかし、給与所得以外の一時所得に関しては、自分で計算する必要があります。

次は、一時所得の計算方法について、しっかり確認しましょう。

一時所得の計算方法

国内の所得税法には、一時所得の計算を次のように定めています。

(年間の総収入額 – 収入を得るために支出した金額 – 特別控除額(最高50万円)) ÷ 2

収入を得るために支出した金額は、オンラインカジノの場合は業者に対しての入金額になります。

最終的に特別控除額が引かれるため、50万円以下であれば0となり、一時所得に対する申告の義務は発生しません。

一時所得の計算例を見てみよう!

一時所得の計算方法が分かれば、オンラインカジノで一時所得が発生しても安心して納税することができます。

では、オンラインカジノでの一時所得を実際に計算してみましょう。

一時所得の計算例

オンラインカジノのアカウントに30万入金して、100万儲けた場合。

(100(万円) – 30(万円) – 特別控除(最高50万円)) ÷ 2 = 10万円 が一時所得分の納税額になります。

ただし、一時所得を損益通算することができないので注意が必要です。

損益通算とは

損益通算とは、年間の利益と損失を合算して、最終的に赤字か黒字かを判断することです。

一時所得ではこの損益通算による計算が適用されません。

例えば、ある日200万円勝ち、別の日に100万円負けたとします。

この場合の総収入額は100万円になるように思いますが、実はそうではありません。

収入に対する差し引きは行わず、勝った分の200万円を総収入額として考えます

つまり、年間の総収入額は勝った時の利益を合計することで求めることになります。

取引履歴が簡単に閲覧できる業者を選ぼう!

一時所得を計算する際に必要な取引履歴へ簡単にアクセスできる、ウィリアムヒルがオススメです!

リアルマネーアカウントのベット額や収支は、取引履歴から全て確認することができます。